コットンの居る風景

眉毛のあるコットンと、おてんばシルクの生活を写真でつづる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

190  りりー虹の橋に行く

 コトシル切手640  

 

旧ブログはこちらから

旧ブログリンク用 

 


コットンズハウス

CHロゴ 



 

 ASO BOW会 九州地区です

オフ会の日程のみ決まりました。

10月10日(日)

どうぞ 皆さんの 『こんなところで逢いたい』とか、『こんな事したい』
などの企画案を募集致します。
どんどん メールフォームから ご連絡下さいませ。

16対9枠付き300     

どうぞ宜しくおねがいします。


 

早朝実家から電話があり、 りりーが旅立ったそうです。

ブログにも何度か 登場していたので、ご存じの方も いらっしゃると思いますが、

両親とともに、大分に移住していた シーズーのりりーばあちゃん 15歳でした。


りりー01


1995年 りりーは ダックスを買いに行ったはずの父が、

目と目があって、 3・4匹いた仔犬の中で、

1匹だけ 愛想よく 近寄ってきたそうです。

もう りりー選んだ理由は、それだけで十分でした。


りりー02





りりー03


まだ2ヶ月の仔犬が家に来てからは、 犬が怖かった嫁さんも

りりーだけは可愛いがり、 りりーのおかげで、犬怖いを克服できました。



りりー04

おトイレも初日に1度教えたら、 次から、もう完璧、

それは驚くほどすばらしいものでした。

どんなに小さく切った トイレシートでも 初めての場所でも

ちゃんと その上だけで 用を済ませて、手間の掛からない子でした。



りりー05

何処に行くにも一緒、 私には、兄弟が居ませんでしたので、母親は、

私の事を 『お兄ちゃん』と呼んでいました。 なぜって、 りりーは、妹だったからです。

『お兄ちゃん』と『お姉ちゃん』そう呼ばれて りりーは兄弟として育ちました。




りりー06 



2004年の年賀状になったり、 最近はステッカーになったばかり。

りりー09 





りりー10


写真は、デジタルが始まった直後でしたので、 

家には1999年に買ったSONYの200万画素がはじめでした。


りりー11 





りりー12 




りりー13

それ以前の写真は、両親の元にあるアルバムに収まって居ます。



旅行バッグに 遠くからでもすぐ解る様に、りりーステッカーを作ったり、



りりー07 





りりー08





りりー14



2006年にコットンが来てからは、 

うるさがりながらも コットンににマナーを教え(?)てくれました。



りりー15 




りりー16


先月両親と一緒に遊びに来て、コットンと一緒にトリミングにも行って、

一緒に過ごせたので よかったです。



りりー17 





りりー18 





りりー19 







ホームにお勤めの『福岡の妹』さんが、 お庭にある花を摘んで

花に埋もれた りりーの写真を送ってくれました。


りりー20


午前中には、 火葬され、骨壺に入って、また両親を一緒に暮らすそうです。

一緒に写っているサブレは、 福岡の妹さんが、昨日 りりーにあげて、

『多いから、また明日ね』って 取っておいたのだそうです。

一緒に持って行ってもらいました。 

オモチャも生涯 たった1つの 白アザラシの縫いぐるみを愛したりりー。

沢山の思い出をありがとね。

虹の橋のたもとで 待ってるんだね。

いつかまた会えるね。
 
  



にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

Comments

 
僕が最も苦手なカテゴリです。。。

りりーちゃん、虹の橋で元気で待っててくれますね。
 
りりーちゃん、虹の橋を渡ったんですね。
たくさんの思い出を感謝したいですね。
 
りりーちゃんが幸せそうで、沢山の思い出に包まれてますね。
別れは辛いですが、ココロの中ではずーっと生き続けますよね。
リリーちゃんのご冥福をお祈りします。
 
いつかは来るこの日・・・
わかっていても 辛いですね・・・
皆様のご心痛お察しします。
リリーちゃんの可愛い姿をブログをとおして
見ることができて その表情に癒されます♪
 
うん、いつか会えるね。
これからは皆の事
見守ってくれていると思います。
愛されて、幸せだったよね。
愛情一杯、伝わってきました。

ご冥福をお祈り致します。
 
お別れはいつか来るって分かっててもやっぱり悲しいですね。
リリーちゃんのお写真どれも本当に幸せそうなお顔です。
いっぱいいっぱい愛情をもらって虹の橋に行ったのでしょう。
これを書きながら私も涙が止まりません。
P.S
無事に届いたんですね。
喜んでいただけて良かったです。
 
りりーちゃん、まだまだ元気でいて欲しかったです・・
沢山愛されて幸せな15年間だったから、
きっと何の迷いもなくお星様になったのでしょうね。
いつか別れは来るって分かっていても、
辛いですよね・・

りりーちゃん、空の上からコトシルちゃんを見守っていてね。(*^^*)
心よりご冥福をお祈りします。
 
りりーちゃんは虹の橋を渡ったんですね。
ついこの間ブログに登場されてて、
元気なかわいい笑顔を見せてくれてたのに。
ご家族は気を落としていらっしゃると思いますが、
りりーちゃんは幸せだったと思います。
とても幸せそうなお顔をしてます。
りりーちゃん、天国からコットン家族を見守っててね!
 
リリーちゃん、15年という犬生を全うしたんですね。
ご家族でいろんな所に行って、たくさんの思い出を
残してくれたんでしょうね。
ご両親は、きっとご傷心の事と思いますが、心の隙間は
コットン君とシルクちゃんも埋めてくれると思っています。
いつかは訪れる愛犬との別れの日。
分かってはいるけど、現実はとても辛いです。
ついうちの子の時は…と考えちゃいますね。
大切にしなきゃとあらためて思います。

リリーちゃんのご冥福を心からお祈りします。
 
最近、リリーちゃんがブログに登場したので ビックリしています。
なんて書いたらいいのか・・・・・・・。

リリーちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
リリーちゃん、またね。
ありがとうございました 
暖かい皆様のコメントありがとうございました。
両親の事が心配でしたので、今日夜中の2時に鹿児島を出て、中津に行って来ました。
りりーの遺骨に手を合わせ、小さく白い骨をみて、
本当に行っちゃったんだなと、改めていっしょに過ごした日々を思い浮かべておりました。
両親も昨日は、大変ショックを受けていたようですが、また 遺骨が帰ってきて、一晩がったので、
気持ちも穏やかになっていたようです。
コットンとシルクも一緒で、 お部屋にはりりーの臭いはするのに、姿が無いので、なかなか落ち着かずにいました。
今頃は、 虹の橋のたもとで、他の仲間と共に
過ごしていることでしょう。
私達にすばらしい思いでを残していってくれたりりーにまた会えることを願い、 冥福を祈ってきました。

皆様からのあたたかなコメントは、両親も読んでおり、励まされています。本当にありがとうございました。 

21時に鹿児島に戻りました。
疲れておりますので、皆様の所にお伺いしたいのですが、本日は、ごめんなさいね。
 
リリーちゃん、お星さまになったんですね。
小さな頃から一緒だった家族が
居なくなるのって・・・ほんとに寂しいです。
でも、リリーちゃんは暖かな家族に見守られて
ほんとに幸せでしたね。
きっと、ありがとうパパ、ママって言っていたと思います。
お父様、お母様は大丈夫ですか?
 
この前、ASOBOW会ワッペンの記事見た
ばかりでした。
どの写真を見ても幸せそうです。花に埋もれた
最期の写真も。
ご冥福をお祈りします。
 
つい最近、元気なリリーちゃんの写真をブログで見たので残念です。
でも皆にいっぱい可愛がってもらって幸せな犬生を全うしたんですね
お花イッパイに囲まれておだやかなお顔をしてますね

以前、我が家にいたワンちゃん達の事を思い出しました。
コットンのパパさんの言うとおり、皆、虹の橋のたもとで待っててくれるかな・・・
 
お知り合いになって間もなくリリーちゃんにも…寂しいです。

ご両親さまもさぞかし…。
ご冥福をお祈りします。
 
リリーちゃん。
ステキな、本当にステキなワンコさん。

気の利いたコメントが出来ないのですが・・・

ご冥福をお祈りいたします。

 
リリーちゃんの急逝を昨晩知りました。
ご両親様のお悲しみはさぞ深いことでしょう。
この深い喪失感を何とか
紛らわせることの出来るものがあるでしょうか?
どうか、お大事になさってくださいね。
 
お互いに幸せな時間を過ごせたんですね♪
愛情が伝わってきます。
でも、お別れはやっぱりつらいですよね・・・
ご冥福をお祈りします。
 
本当の家族のように育てて貰って
りりーちゃんも嬉しかったでしょうね

皆さんの愛がとても伝わってきます

ブログで登場した時も
元気な長生きな子だなぁって
微笑ましく見させて頂いてたので
もぅ会えないのだと思うと
とっても寂しいです…

突然のことだったので
辛いかと思います
悲しいかと思います
でも
りりーちゃんの為にも
しっかり前は向いていて下さいね

可愛いりりーちゃん
また会える日まで…
ありがとう 
リリーちゃんにはうちの『営業部長』として3年ちょっと本当によく頑張ってもらいました。お客さんが見学に来ると耳も聞こえない、目も見えないのに不思議と事務所に現れ、みなさんに愛嬌をふりまき、アピールしてもらっていました。昨日用事があって、ご両親のお部屋を訪れた時にはキツかっただろうに私のところにトコトコと歩いて来てくれて・・・きっと最後のお別れの挨拶に来てくれたのかなぁ、と今は思えてなりません。

鳩サブレも全部食べさせてあげていればよかったと今頃後悔しても遅いけど・・・これからは体重を気にせず、好きなものをたくさん食べてね♪

私たちに楽しい時間をたくさんありがとう。そして安らかにお休み・・・
 
りりーちゃん、ご家族の愛情をいっぱい受けて
育ってきたんですね。
うちも去年13歳で前犬を亡くしたので
コットンパパさんの悲しみ良く分かります。
最後の写真は涙が出ちゃいました。。

リリーちゃん、虹の橋の向こうで、コトシルちゃんを見守ってね。
 
りりーちゃんは、ご家族の愛情いっぱいに育てられ
そして、ご家族のみなさんは、リリーちゃんに癒され笑顔をたくさんもらったのですね。
お写真を拝見するとそのように感じます。

リリーちゃんはとてもしあわせですね。
たくさんの素敵な写真とともに、いつまでもご家族の方々の心の中に生き続けることができるんですもの。りりーちゃんもきっと喜んでいますよ。

リリーちゃんが、虹の橋の向こうでも穏やかで幸せな日々が過ごせますように心からお祈りします。

まとまりのないコメントでごめんなさい。
コットンのパパさんのお気持ちを思うとどんな言葉も空っぽに思えてしまいます・・・。
コトシルちゃんたちのためにも、悲しみを乗り越え、元気を出してくださいね。

 
びっくりしました・・・
リリーちゃんのおかげでナナのステッカーができあがったんですよね。
そんなお手紙をいただいたばかりだったのに・・・
寂しくなっちゃいますね。
お写真をたくさん見ていると、みなさんのリリーちゃんへの愛情が
とってもよくわかります。
いつかは必ず訪れてしまうお別れの日・・・
わかっていても、本当につらいです。
リリーちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
 
こんにちは。
ちょっと仕事の手を休めておじゃましたコットン家
。。。リリーちゃんの写真。。。
愛らしいリリーちゃんの表情がとっても好きでした
ついこのあいだもコットン家のブログに登場していましたね
もう虹の橋へ行ってしまったなんて信じられません
最後の写真は涙でくもってしまいました
写真でしか知らない私でもこんなふうですから
ご両親もコットン家の皆さんもとてもさみしい思いを
していらっしゃることでしょう。
でもみんなの暖かな愛情につつまれて
リリーちゃんはとっても幸せな気持ちでいるのだろうと思います

いつか来る別れ わかっていても悲しみは消えません
でも元気を出さなくちゃ安心して虹の橋をわたれないですものね
リリーちゃん 虹の橋からみんなのこと
そっと見守っていてね

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

コットンのパパ

Author:コットンのパパ
コットン♂ 2006年6月27日生
シルク♀  2007年7月 5日生
すでに9匹のパパとママ!
コットンのパパとママの4人暮らし
どうぞよろしくね。

肉球ベア友の会
肉球友の会006
ラピさんのシフォンケーキ!
肉球ベア友の会ページ
肉球ベアステッカー
リンク

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。